「もうしない」の3秒後にはおもちゃを投げる!困った我が子への対処法

おもちゃ・色鉛筆・・・

投げて欲しくないものに限って

投げる!

 

 

そして、「もうしない」と言った

その次の瞬間も、投げる!

 

子どもは、物を投げることが大好き。

 

魔の2歳児子育24時 メールレター内で、Yママさんより

こんな質問をいただきました。

 

今一番の悩みは、おもちゃや色鉛筆などを投げることです。

もうしないと言った3秒後にはまた投げているという、、、。

 

何で投げてはダメなのかと理由を伝えたり、

そうすることで起こりうることを話したり、

秘訣3(魔の2歳児VS食事 参照)のような伝え方も試したりしているのですが これといって効果がありません。

 

教育のプロはどう対処しているのか是非教えて頂きたいです。

 

無料プレゼント中の「魔の2歳児VS食事 コミュニケーション攻略レシピ」

秘訣3には、「やってほしいことを伝える」とお伝えしています。

 

投げちゃだめ!と言うと、「投げる」という動詞を使っているので

どうしても、投げたくなっちゃう。

 

Yママさんは、「ここに置いておこう」などやってほしいことを伝えることも試したとのこと。

 

今回は、他に試してほしいポイントをシェアしたいと思います。

 

子どもは投げたい

子どもたちは、「投げたい」という欲求があることを忘れてはいけません。

何を投げてよくて、何がダメなのか。

その判断はなかなか難しいところ。

 

家の中に、投げても良いおもちゃはありますか?

どのおもちゃは、投げて遊んでも良いのかを説明し、投げる遊びをする。

 

家の中だと、ボールを投げるのはちょっと・・・と思うので

スーパーの袋や、布切れなど、あまり飛ばない物を思いっきり投げる。

 

または、輪投げなど、投げてよいエリアを作って

投げる遊びを促すのは、どうでしょうか?

 

子どもに、

どんな物は投げて遊んでよいのか。

どこで、投げてよいのか。

これらを伝える。

 

理解していても、投げてしまうことはある。

そんな時は、

「あれ?投げてもいいおもちゃはどれだっけ?」と聞いて

子どもに答えを言ってもらう。

考えてもらう。

 

子どもは投げた後、どうするのだろう?

「投げた!」と思って、ついついすぐ反応してしまいがちな大人たち。

周りに危険を及ぼしていない時は、少しの間、

投げた後の行動を観察してみるのもオススメです。

 

意外と、私たちが、「時間」を与えないがために

子どもが自分で投げたものを取りに行く機会を逃している場合もあるのです。

 

あ、投げた。

そう思ったら、30秒見守ってみてください。

あなたの子どもは、どういう行動を取るのか。

観察してみることをオススメします。

 

 

物の動きを観察したい

物を投げる行為には、身体的に、「投げる」を楽しんでいる場合もありますが、

その物の動きを観察するのが好きな子どもも沢山います。

 

投げるのは危険でも、転がすことはできるかな?

少し傾斜を作って、色鉛筆を転がしてみる。

おもちゃを転がしてみる。

そして、その動きを一緒に観察してみる。

 

一緒に遊んでみてください!

 

私たちにとっては、「危険」「やってほしくない」こと。

子どもたちにとっては、自分たちなりの「実験」であり、

この世の中の仕組みを理解する為の「遊び」です。

 

悪気があることは、少ない。

ママたちが、境界線を作って、子どもたちの実験の手助けを安全に出来るようにしてあげる。

ぜひ、子どもと一緒に楽しんでみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《公開しました!》

朝・昼・晩+おやつの時間

食事を通して親子の絆を深める

コミュニケーション攻略レシピ

川口由佳子著 プレゼント中↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

川口由佳子 公式LINE@

登録は下記のAdd Friendsボタンをクリック!

または、@yukako で検索してくださいね。

お友達登録

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ランキングに参加しています!

クリックしていただけると嬉しいです♡

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の価値観を深く知りたい!そんなあなたへ

コミュニケーションスキルを学んで、日々の生活に活かしていきませんか?

ベーシック・アドバンス講座 開講しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっと知りたいという心を育てる ーTo Nurture Mind Which Makes You Wonderー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です