「嬉しいよ」から「幸せだよ」へ 子どもへのメッセージ

「お母さん、嬉しいよ!」

あなたがいてくれて嬉しい。

一緒に歯磨きができて嬉しい。

 

娘に伝えていた言葉でした。

 

だけど

「お母さん、幸せだよ。」

この言葉にシフトしよう。

そう決心したのです。

 

 

小さな幸せを感じられる

そんな人であってほしい。

 

 

学校に行けなくても

お金が無くても

地位がなくても

そんなことは関係無く

不幸でもない。

 

幸せは自分で創造できるんだ。

 

 

葉っぱの緑を感じて

ご飯が目の前にあることが

音が聴こえる、その感性が

 

 

目の前にある小さなことが

もうすでに幸せ。

 

目の前の幸せを大切に生きる。

目の前の幸せを心で感じる。

 

 

足立育朗さんという方が書いた

「宇宙からのメッセージ 波動の法則」という本から

こんなメッセージを受け取りました(以下)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の本質に従って生きる人は、

波動が高まり、

受振の幅と発振の幅が広がる。

 

自分に必要な情報が

そこからどんどん入ってくる。

 

決心して、行動する。

 

それが大切。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この決心も行動も

日々の小さな幸せに気づき

自分にとって心地よいもの

 

身体が心地よーーーい、ふぁーーーん

というものの分別がついてきたときに、

できるのかもしれないな。

 

 

「お母さん、幸せだよ。」

娘の前で、1日10回は言いたい言葉。

 

私自身が、日々の小さな幸せに気づいていくためにも・・・

 

 

______________________________________________

《無料メールレター》

川口由佳子の活動情報、つぶやき、想いの共有、交流の場

LETTER FROM NURTURE AND WONDER

<ご登録はこちらから!>

--------------------------------------------

《公式LINE@》川口由佳子 

ブログの更新情報・講座案内がLINEに届く!

<ご登録はこちらから!>

______________________________________________


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です