パチンと叩く!手を出す躾は必要か?

 
 
 
躾について、Kママさんより質問をいただきました。
 
 
 
 
 
 
私のメールレターでは、随時質問を受け付けています。
ブログやメールレターを通して、出来るだけ回答しています!
 
 
Kママさんからのご質問、以下抜粋↓
 
 
オーストラリア人の夫がいるのですが、
躾をするに当たって、手を出すか、出さないか(脚やお尻をパチンと叩く程度です)夫婦で意見が分かれているので、ゆかこさんの意見を聞きたいと思ってメッセージしました。
 
 
先日、娘が車の中で前の席をしつこく蹴る行為をしたため、私は何度も注意して(最初は冷静に彼女の気持ちも認めながら注意しましたが、何度言っても聞かず)脚をパチンと叩きました。
 
それを見ていた夫は手を出す事に大反対で夫婦で意見が食い違い、口論となってしまいました。
 
私は何度注意しても直らない場合、娘が相手に暴力を振るうった場合、最終手段として、お仕置きにパシッと叩く事も必要かな。と思っています。(何度注意しても行為は直らなかったり、明らかに娘に否があるからです)
 
しかし、夫はどんな時と場合も手を上げる事に大反対です。
 
ゆかこさんは手を出す躾についてどうお考えですか?
 
そして、いかなる場合も手を出す事が反対な場合、どの様なアプローチで娘に態度を改めて貰う事、駄目だと言う事を分かってもらう事が出来ますか?
 
 

もしあなたが、人に叩かれたらどう思う?

 
結論から言ってしまうと、私は手を出す躾は、必要ないと思っていて、
 
そして、自分が人に叩かれたら、とても嫌なので、しない。というスタンスです。
(それでも、自分が超イライラしていると、そんな衝動にかられることは、もちろんあります。)
 
 
 
 
相手に態度を改めてもらおう。
 
駄目だということを分かってもらおう。
 
 
 
そう考える前に、ぜひ持って欲しい視点。
 
それは、なぜこの子は、その行動をしているのだろう?と自分に質問すること。
 
 
つまり、この行動、自分にとって嫌なこと=この子の行動は駄目なこと
 
このような結論にすぐいかないように気をつけるということ。
 
 
 
 
Kママさんの事例でみると
 
  • ただ、「蹴ること」が楽しくて、遊びの一環としてやった行動かもしれない。
  • ママ、パパとお話がしたくて、興味を引くためにやっている行動かもしれない。
 
あなたにとっては、とても都合の悪いことかもしれない=その行動は良くないこと
 
そう考えているかもしれないけど、
 
子どもにとっては、そうではないかもしれないということ。
 
 
 
 
2歳、3歳、4歳でも
 
言葉でのコミュニケーションを学んでいる子ども達には(大人もそうですが)
 
叩いたり、噛んだり、蹴ったりして、コミュニケーションを図ろうとしている。
 
 
 
そんな子どもの意図を感じ取れた時、私たち大人は、冷静にコミュニケーションが取れるのではないかと感じています。
 
 
 

注意をする時、何にフォーカスしていますか?

 
『最初は冷静に彼女の気持ちも認めながら注意しましたが、何度言っても聞かず』
 
あなたは、子どもに注意をする時、何にフォーカスしていますか?
 
気持ちを認めてあげることも、もちろん大事。
 
ただ、そのあとの注意の仕方によっては、子どもが更に大人の気を引くために
 
大人が注意していることを、やり続けるということが、起こります。
 
 
 
 
 
駄目なことにフォーカスせずに
 
やっていいことにフォーカスする。
 
 
 
素敵な半月も、見えている部分と見えていない部分がある。
 
私たちは、見えている部分にフォーカスしがち。
 
だけど、隠れている、見えていない部分をぜひ探してみてください。
 
 
 
それが、一つの注意の仕方です。
 
 
「車のシートを蹴るのはすごく楽しいかもしれないけど、足は自分のシートにくっつけておいてね!」
 
 
こんな風に言ってみるのもいいかもしれません。
 
 
 
蹴っては駄目!と言われると、ますます蹴りたくなるのが人間の心理。
 
注意をする=やっていいことを教えてあげる
 
これだけで、子どもの受け取り方が変わってきます。
 
 
 
  • 走らないで!ではなく、歩こうね。
  • 落とさないで!ではなく、机の上に置いておこうね。
 
ぜひお試しください。
 
 
 

その他のアプローチ

そして、この事例に対する他のアプローチがあるとすれば・・・

①窓の外から見えるもの、など、視点を変えて、子どもとお話をする。

要は、話題を変えてみる。ということ。

シートを蹴っているということには一切触れずに、お話をしてみる。

 

②しつこく蹴っていても、黙って待ってみる。

子どもは、大人の反応を見るために、蹴ったり投げたりすることが多々あります。

そんな時は、その行動に反応しないことが、行動を止めてもらうことに繋がります。

 
 
③そして、シートを蹴るという行為が車に乗るたびに行われているとしたら
 
車に乗る前に、子どもと一緒にルールを確認すること
 
 
「車のシートを蹴ったら、前に乗っている人はどんな気持ちになるか覚えている?」
 
「車に乗っている時、自分の足はどこにくっつけておくと良いんだっけ?」
 
 
ここでも、「◯◯はしては駄目だよね。」という確認ではなく、
 
「◯◯をすることはオッケー」という確認をする方が、より効果的です。
 
 
 
 

あなたは人にどのように注意してもらいたい?

大人になった私たちは、人から注意を受けるということが

少ないかもしれません。

 

私が子どもの立場だったら、どのような声かけをしてほしいだろう?

どのように説明してもらえると分かりやすいだろう?

 

そんな問いを日々自分にしながら、子どもとの関わりについて

考えています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《無料プレゼント中!》

朝・昼・晩+おやつの時間 食事を通して親子の絆を深める

コミュニケーション攻略レシピ  川口由佳子著をプレゼント!

<読者の方無料ダンロードはこちらから!>

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《無料メールレター》

子育てのヒント満載!世界各国から380人のママと繋がる

無料メールレター 魔の2歳児子育て24時

<ご登録はこちらから!>

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《インスタグラム》

Kitchen by Nurture and Wonder

由佳子が家で作れるグルテン、お砂糖、添加物フリーの

おやつレシピをご紹介♡

どのレシピをどうアレンジしてるの?その秘密を教えます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《TCS トラストコーチングスクール》

自分の価値観を深く知る!1人の女性としてどう生きる?

自分と、子どもと、パートナーとのコミュニケーションを深める

コーチング講座

<お申し込み・詳細はこちらから>

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《公式LINE@》川口由佳子 

ブログの更新情報・川口由佳子の子育ての秘密がLINEに届く!

<ご登録はこちらから!>

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《公式Facebookページ》

FOLLOW・いいね!はこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ランキングに参加しています!

クリックしていただけると嬉しいです♡

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっと知りたいという心を育てる ーTo Nurture Mind Which Makes You Wonderー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です