5歳で再テスト!?!? シンガポール幼児教育

シンガポールの幼児教育事情

スペリングテストで再テスト疑惑が浮上した

その時の記事はこちらから↓

5歳 スペリングテスト シンガポールの幼児教育

2021.04.16

 

 

次の日、金曜日、

再テストなかったーーーーいえぇえぇいいい!

と、めっちゃ一緒に喜んだのも束の間。笑

 

 

月曜日に再テスト、あったらしいです!

 

 

本人は、またしても

練習とかせず、ぶっつけ本番です。

というか、無いと思ってたし、当たり前か!

 

結果を娘が伝えてくれたのですが、

2個!!!正解したらしいのです。

 

 

「それってどうなの?」

と聞いてみたならば、

「2個正解したから、もう同じテストしなくていいから

めっちゃGOODなんだよ!!!」という返事が。

 

 

「めっちゃGOODじゃーーーーーーーん☆」と

返事をしておきました。

 

2人で大喜び!

本人が、良いのならば、いいのです。

 

本人の、結果に対しての思い・想いが大切だと感じています。

私たちの基準で、その結果が良かったのか、

悪かったのか、それとも、まぁまぁだったのか。

それは、いくらでもジャッジできる。

だけど、それは、「親の基準」「あなたの基準」であって

決して、「子ども自身の基準」ではないはず。

 

 

60点で満足できる人もいれば

98点でも満足できない人もいる。

人それぞれ。

 

 

「正解した2個は、今もどうやって綴るのか覚えているの?」

と聞いたならば、

「1個はできるけど、もう1個はもう忘れちゃったーあはは!」

だそうです。

 

 

そんなもんですね。

今日も、平和です。

 

 

あなたの基準と子どもの基準

その違いを観察してみよう!

______________________________________________

《無料メールレター》

川口由佳子の活動情報、つぶやき、想いの共有、交流の場

LETTER FROM NURTURE AND WONDER

<ご登録はこちらから!>

--------------------------------------------

《公式LINE@》川口由佳子 

ブログの更新情報・講座案内がLINEに届く!

<ご登録はこちらから!>

______________________________________________


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です