子どもの頃の経験が海外に興味を持つきっかけに!

こんばんは。

川口由佳子です。

先日、[私が幼児教育に興味をもったきっかけ]という記事を書かせていただきました。

http://nurtureandwonder.com/early-childhood-education-56

私は、幼児教育をオーストラリアの大学で勉強したのですが、

今回は、そもそも私が「なぜ、海外に興味をもったのか」をお伝えしたいと思います。

 

年中から小学校1年生まで、カナダに住んでいました。

親のお仕事がきっかけですが、この2年ちょっと、海外で暮らし、英語を使って生活した経験が、とても影響しています。

全ては覚えていないけれど、結構覚えていることがあって、

  • 学校で友達とお喋りが楽しかったこと
  • プレイグラウンドでたくさん遊んだこと
  • 英語の歌をたくさん歌って、それに合わせて、踊っていたこと

ちなみに、Barney and Friends という番組が大好きでした。

今は、当時のCDを娘に聴かせているくらい。

そして、どの歌がどの順番で収録されているのか、自動で分かってしまうくらい好き。

楽しかった思い出がたくさんです。

 

そんな中、日本に帰国し、小学校2年生からは日本の学校に。

母によると、英語は、帰国後、少しの間は、友達とお手紙交換をしていたため、英語を書く機会は少しあった模様。

が、ある日突然、「書けない」と言い、そこからはあまり使う機会はありませんでした。

 

 

言語は使ってなんぼ。

コミュニケーションの道具であるため、使わなかったら忘れます。

中学校に入って、みんなと同じように、一から英語の授業を受け始めるのですが、そこから、カナダでの2年間の記憶が蘇ります。

 

 

リスニング、そして、発音は得意でした。

英語の先生の発音は変とか、家で言ったりとか。笑

リスニングはそんなに頑張って勉強しなくても、聞き取れた。

単語の並べ替え問題とかも、簡単なものであれば、なんとなく感覚でわかったのです。

 

 

この頃から、また「英語を喋る」ということ、「英語で理解する」ということに興味を持ち始めました。

 

 

今、海外で暮らしている、小さなお子さんがいるママやパパ。

子どもの言葉について、色々と不安があるかもしれません。

 

 

日本にいずれ帰るから、日本語環境の幼稚園がいいのではないか。とか、

英語も日本語も両方使うと、どっちの言葉もきちんと習得できないのではないか。とか、

 

 

私自身の、経験から言うと、日本にいずれ帰国するにしても、英語環境においてあげることは、メリットになると思います。

そして、日本に帰ると、ほぼ使う機会がないため、忘れます。

 

 

でも大丈夫

本人に興味があれば、昔の記憶が蘇るはず。

 

英語で喋ることが楽しい!

英語で色々なことを理解したい!

という思いが、私が海外に興味をもった理由です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《公開しました!》

朝・昼・晩+おやつの時間

食事を通して親子の絆を深める

コミュニケーション攻略レシピ

川口由佳子著 プレゼント中↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

川口由佳子 公式LINE@

登録は下記のAdd Friendsボタンをクリック!

または、@yukako で検索してくださいね。

お友達登録

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ランキングに参加しています!

クリックしていただけると嬉しいです♡

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の価値観を深く知りたい!そんなあなたへ

コミュニケーションスキルを学んで、日々の生活に活かしていきませんか?

ベーシック・アドバンス講座 開講しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっと知りたいという心を育てる ーTo Nurture Mind Which Makes You Wonderー


2 件のコメント

  • いつも記事、楽しみにしてます:) 子供の頃に触れたモノの影響って潜在的だけれど残るもんだなぁと、大人になった今、私も感じています。私の外国語への興味も、今思えば小さい頃母が教えてくれたABCの歌が好きだったところから始まってるんじゃないかな、とか。幼少期って深い‥。

    • itsumiちゃん、コメント書いてくれて本当にありがとう。幼少期、深いからこそ、大切にしてあげたいなーと思ってます。子どもの頃の影響って、すごいよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です