私が幼児教育に興味を持ったきっかけ

こんばんは。川口由佳子です。

 

私は、幼児教育を専門としていますが、

今日は、なぜ、幼児教育に興味を持ったのか、

その経緯を振り返りたいと思います。

 

時はさかのぼること、14歳。中学2年生です。

私の住んでいた地域の学校では、「14歳の挑戦」

とういうものがありました。

 

これは、1週間、学校に行く代わりに、職場体験をするという

活動で、地域の各種団体や、企業が、学べる場を

提供するというものでした。

 

お花屋さん、スーパー、公共施設など、いろいろな選択肢があって、

第一希望から第三希望くらいまで、

選択し、活動する場所を振り分けられた覚えがあります。

 

そこで私が第一希望にしたのが、幼稚園・保育園でした。

なぜそうしたのかは、はっきりと覚えていません。

色々な選択肢がある中で、一番しっくりくるもので、

他にあまり興味があるものが無かった記憶があります。

なので、第一希望が通るように、願っていました。

そして、希望が通り、家の近くの幼稚園にて1週間活動することに。

 

当時のことで覚えていることは、

  • 子どもたちが凄く可愛かったこと
  • 子どもたちが元気いっぱいで、一緒に走り回るのが大変だったこと
  • 先生たちは、いつトイレに行くのだろうと疑問に思ったこと
  • 先生たちは、ピアノも弾けて、歌も歌って凄いなと思ったこと

 

この4点が、とくに印象深かったことを覚えています。

本当に、先生たち、トイレに行く時間もなく、忙しそうだった。

幼稚園の先生って、大変だな。でも先生って凄いな。

そう14歳ながらに感じ取りました。

 

1週間はあっという間に過ぎて、とても有意義な時間を

過ごせたと思います。今では、あの時園児として、触れ合った

子ども達は中学生・高校生。今、どんな思いで、何をしているのだろう。

そう考えてしまうくらい、濃い出来事でした。

 

そして、この1週間の経験が、のちに私の進路決めに

影響をもたらします。

 

こう振り返ると、この「14歳の挑戦」には感謝です。

もし、あの時、幼稚園での経験がなければ、私は、幼児教育を

専門として、知識を深め、働いていたのか?

 

もしかしたら、全く違った道を選択していたかも知れません。

 

私がなぜ、海外幼児教育を学ぶ選択をしたのかは、また今度。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《公開しました!》

朝・昼・晩+おやつの時間

食事を通して親子の絆を深める

コミュニケーション攻略レシピ

川口由佳子著 プレゼント中↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

川口由佳子 公式LINE@

登録は下記のAdd Friendsボタンをクリック!

または、@yukako で検索してくださいね。

お友達登録

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ランキングに参加しています!

クリックしていただけると嬉しいです♡

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の価値観を深く知りたい!そんなあなたへ

コミュニケーションスキルを学んで、日々の生活に活かしていきませんか?

ベーシック・アドバンス講座 開講しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっと知りたいという心を育てる ーTo Nurture Mind Which Makes You Wonderー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です