毎晩、子どもを寝かしつけていますか?

あなたは、毎晩子どもを寝かしつけていますか?

そして、それは大変ですか?

中々寝かしつけることができなくて、困っていますか?

 

 

ん?と違和感を感じる言葉があります。

私の中でその一つが、「寝かしつけ」という言葉。

 

言葉の大切さや偉大さに感動して

レッジョエミリア教育に引き込まれたのも一つ。

本場イタリアのレッジョエミリアに行き

子どもたちへの尊敬と、子どもたちへの愛を

ここまで、「言葉」を使って表現できるのだ。と驚きました。

 

 

単純に言ってしまえば、

「おしゃべりしすぎで、うるさい子」

「たくさんの意見を持っていて、それを言葉を使って表現できる子」との

違いというか。

 

 

目の前に、同じように喋っている子がいても、

どのように、どんな言葉で、その子のことを大人が表現するか

子どもたちの可能性や才能を引き出すか、それとも

奥にしまってしまうのかが、変わってくることが

想像できるでしょうか。

 

 

子どもたちって

人間って

「寝る」生き物ですが、

子どもを寝かしつけるってかなりの上から目線感を私は感じるのです。

 

そこには、「親である私が子どもが寝られるように頑張らなければならぬ!」

みたいな、プレッシャーも少なからずあるのではないか。

 

 

無意識に、自分にプレッシャー欠けていませんか?

そして、子どもは寝かしつけなければいけない人、だと捉えていませんか?

だから、私は、「子どもを寝かしつけたら◯◯する。」

ではなくて、「子どもが寝たら、◯◯する。」って

意識的に、言葉を選んで使ってる。

 

 

 

子どもが心地よく寝られるように、

あなたは今晩どのようなサポートをしますか?

______________________________________________

《無料メールレター》

川口由佳子の活動情報、つぶやき、想いの共有、交流の場

LETTER FROM NURTURE AND WONDER

<ご登録はこちらから!>

--------------------------------------------

《公式LINE@》川口由佳子 

ブログの更新情報・講座案内がLINEに届く!

<ご登録はこちらから!>

______________________________________________


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です