読み書きの上達は、◯◯力を育むことから!

定期配信しているメールレター

【魔の2歳児子育て24時】にて

読者のママたちから、質問を受付、

私の考え・返答を音声配信する企画をしたのですが、

その中で、英語圏で暮らす子どもの

「日本語の文章力を上げること」についての質問を頂きました。

 

 

そこでの回答についての、感想が特に多くて

やっぱり、バイリンガル・マルチリンガル子育てにおいて

悩むことだな、と改めて感じました。

 

 

というわけで、読み書きの上達に関わる◯◯力について

今日はお伝えしようと思います。

これは、バイリンガルに関わらず、言えること!

 

読み書き上達・引き寄せに必要な◯◯力!

先日、Podcastを聞いていたら

こんな言葉を耳にしたのです。

 

「引き寄せができるかどうかは、

引き寄せたい状況をどれだけ具体的に想像できるか。

Imagine (イマジン)できるかどうか。」

 

この言葉を聞いて、

今まで、教師生活をする中で、

たくさんのママ・パパたちに伝えてきたことが浮かんできました。

 

3−4歳児クラスの担任をすると、

とっても多い質問。

「子どもにアルファベット(ひらがな)や読み書きを教えてくれるのか?

5−6歳児クラス、小学校に上がった時の為にしっかりと

準備はしてくれるのか?」

 

私の答えはいつもこう。

「子どもたちに興味があれば、子どもの発達に合ったレベルで

サポートします。ただし、いくら、アルファベットを覚えて

書けるようになっても、『書きたい』という想い

『アイディア』が無ければ、書こうと思っても書けません。

だから、3−4歳の今は、想像力を育むこと、アイディアを生み出すこと

これらに力を入れます。」

 

 

子どもたちが、

  • おままごとを楽しんだり、
  • 誰かになろうとしてみたり、
  • 動物の真似をしてみたり、
  • お空を見て、ぼーっとして考えたり、
  • たくさんの質問をすること、

これらは、想像力を育むことに繋がっています。

 

そして、その想像力は、

読み書きをする力に偉大なる力を与えてくれるのです。

 

書くことは、コミュニケーション

「書く」ことは、

喋ることと同様に、「伝える」コミュニケーションの一つ。

 

 

必要性が出てきて、やってみたいと

子ども自身が思えば、確実にできるようになるのですが、

大人が「小学校に行く為の準備だから」と

頑張って必死になっても、

なかなか上手くいかないのには、理由があります。

 

まずは、焦らず

想像力を育むこと。

 

一緒におままごと。

絵を描きながら、未来を想像してみる。

お散歩しながら、いろんなお話をする。

お店のメニュー何て書いてあるんだろう?

一緒に考えてみる。

 

 

難しいことでは、ありません。

 

 

想像力を育むことは、読み書き上達の第一歩。

 

 

 

______________________________________________

《無料メールレター》

川口由佳子の活動情報、つぶやき、想いの共有、交流の場

LETTER FROM NURTURE AND WONDER

<ご登録はこちらから!>

--------------------------------------------

《公式LINE@》川口由佳子 

ブログの更新情報・講座案内がLINEに届く!

<ご登録はこちらから!>

______________________________________________


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です