子どもが泣いた時 対処法 大丈夫だよって言ってない?

大丈夫大丈夫。痛くない、痛くない。

子どもが転んで泣いた時。
頭をぶつけて泣いた時。

大丈夫大丈夫。痛くない、痛くない。
言っていませんか?

痛いのよ。
痛かったのよ。
大丈夫じゃなかったから泣いているのよ。

痛かったね。
びっくりしたね。
あー、痛い痛い。

この言葉たちを
まずは率先してかけてあげること。

そしたら、しれっと
何事もなかったかのように
子どもは去っていく。

気持ちを分かってもらえて
安心して、離れていく。

子どもが中々泣き止まない。

大丈夫大丈夫。痛くない、痛くない。
ってあたかも「痛い」をなかったことに
していないかな?

画像1を拡大表示

そしてね、これを意識して
子どもに声かけているとね、
自然とそれが、自分にも
できるようになっていくよ。

痛いよね。
嫌だったよね。
怖かったよね。

子どもに
大丈夫大丈夫。痛くない、痛くない。
と一生懸命伝えている
ということは、
それは自分へかけている
言葉でもあるんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です