子供と一緒にアートに触れる:草間彌生 オブリタレーションルームとの出会いと再会

東京に滞在しておりました!川口由佳子です。

いやー子連れで初東京。

感想は・・・

「しばらく行きたくない」笑

人混み苦手です。

なんだか目がチカチカするし。

シンガポールも混むんですが、子どもが出来てから、人がいっぱいのショッピングモールとかから遠ざかっていたので。

全然慣れてない。

やっぱり、東京、人多い。

地元に戻り、人の少なさにホッとしています。

 

さて、本題。

この滞在中、どうしても行きたかった所。

新国立美術館で開催中

「草間彌生 わが永遠の魂」

 

素晴らしかったです。

 

もともと、草間彌生さんの作品が、めちゃくちゃ好き!

というわけでは無かったのですが、3年前に、この動画を見つけたんです。

Yayoi Kusama’s Obliteration Room

このシンプルかつ大胆なアートインストレーションに魅了され、当時私が担当していた2歳児クラスの子どもたちに、このアートを紹介しました。

その時、ちょうど、「踏み台」をデザインするというプロジェクトをやっていて、何か子ども達に新しい視点を提供できないか、と模索していた時に、この動画を見つけ、これだ!と思ったのです。

これをきっかけに、子ども達と、踏み台を作り、丸いシールを使って、踏み台、そして床と壁をデザインするプロジェクトをしました。

この出来事が、私にとって草間彌生というアーティストを知るきっかけになりました。

 

そしてなんと、今回、会場にありました!!

「草間彌生 オブリタレーションルーム」

感激!私もシールを貼れるなんて!

 

娘にもシールを渡して、一緒に貼る作業を楽しみました。

丸が創る世界

水玉が創る世界

色が創る世界

 

丸の可能性

水玉の可能性

色の可能性

 

全ては無限大

子どもの可能性も無限大

 

この参加型アートを通して、草間彌生は何を伝えたかったのだろう?

 

  • 表現することの自由
  • 色で世界を観る素晴らしさ
  • 人の流れによって物の形が変わっていくこと

 

沢山あると思うけれど、私が感じたことはこの3つ。

 

”Obliteration Room” オブリタレーションルーム

Obliterate は消す、抹殺するなどの意味があります。

この言葉を使った意味は?

 

アートって奥が深い。

感じ方も人それぞれ。

 

今回、母と娘とこのアートに触れることができて良かったです。

娘は丸いシールを「バルーン」と呼び、風船と関連づけていました。

アートは子どもの観点・視点を発見することができるコミュニケーションの道具でもありますね♪

ぜひ、子どもと一緒にアートに触れて、コミュニケーションをとってみてください。

 

この展覧会を観て、感じたこと。

まだまだあるので、次回の記事もお楽しみに♡

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

育児の悩みを解消したい!子どもの事をもっと理解したい!あなたへ

  • 個人セッションを行っています

お気軽にお問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっと知りたいという心を育てる ーTo Nurture Mind Which Makes You Wonderー

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《無料プレゼント中!》

朝・昼・晩+おやつの時間 食事を通して親子の絆を深める

コミュニケーション攻略レシピ  川口由佳子著をプレゼント!

<読者の方無料ダンロードはこちらから!>

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《無料メールレター》

子育てのヒント満載!世界各国から380人のママと繋がる

無料メールレター 魔の2歳児子育て24時

<ご登録はこちらから!>

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《TCS トラストコーチングスクール》

自分の価値観を深く知る!1人の女性としてどう生きる?

自分と、子どもと、パートナーとのコミュニケーションを深める

コーチング講座

<お申し込み・詳細はこちらから>

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《公式LINE@》川口由佳子 

ブログの更新情報・川口由佳子の子育ての秘密がLINEに届く!

<ご登録はこちらから!>

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《公式Facebookページ》

FOLLOW・いいね!はこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ランキングに参加しています!

クリックしていただけると嬉しいです♡

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっと知りたいという心を育てる ーTo Nurture Mind Which Makes You Wonderー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です