魔の2歳児 ご飯投げるアタック! 泣くのはそんなに悪いこと?

先日、事件がおきました。

食事に関してなんですが、いわゆるイヤイヤ期の典型的な、ご飯を投げるアタック!

娘は公園から帰ってきて疲れていた。

そして、お腹が空いていたのもあり駄々こねまくり。

 

散々フルーツ食べた後に、ポメロくれー!(フルーツね!)

ブルーベリー食べるー!この野菜は皿に盛るなー!と泣き叫ぶ。

 

そして遂には、野菜、投げた。

そして、箸とスプーンも投げた。

 

泣き叫び、箸拾えー、と今度は言う。笑

本人は超腹ペコなんですよね。

もう疲れてグダグダです。

 

事件のあった日前後は、旧正月ということもあり、食事の境界線がゆるめだったのです。

いつもよりタンパク質を摂る量が少ないなーと思ってた私。

その日のお昼ご飯の境界線をこう決めました。

「出したものを食べてもらう。お代わりして良いのはお肉と味噌汁だけ」

 

この境界線を決めた後は、とにかく冷静に。

野菜を落としたので、「次投げたら、ご飯はおしまい」と伝える。

そして、私は、自分のご飯に集中。

娘はというと、しばらく泣きフルーツくれと訴えかけていたんです。

しかし、聞いてもらえないと分かり、自分で泣き止み、出したご飯を食べ始めました。

 

 

あなたには、ありますか?

時に子どもに泣き止んでもらうためにいろんな策を試すこと。

沢山ある筆の中から、子どもにピッタリのものを行き当たりばったり探すこと。

 

抱っこすれば泣き止むかな?

フルーツあげれば、泣き止むかな?とかね。

 

でも、泣くのって悪いことなのかな?

そして、すぐに泣き止むことが良いことなのかな?

子どもが自分で、自分の感情のコントロールをした時。

その時こそ、子どもは一歩前へ進むと思うんです。

 

 

あなたの子、泣いたって、いいじゃない。

感情表現がうまいってこと。

泣き止むのに5分、10分、15分かかるかもしれない。

でも、自分で落ち着いて、泣き止んだ時。

自分の感情のコントロールができた時。

子どもってすんなり次の行動に移ってくれたりします。

 

子どもが泣き止むまで、何もせず、ずっと待つのも一つの策です。

 

子どもがご飯を投げた時の対応。

「魔の2歳児vs食事」コミュニケーション攻略レシピに詳しく掲載しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《公開しました!》

朝・昼・晩+おやつの時間

食事を通して親子の絆を深める

コミュニケーション攻略レシピ

川口由佳子著 プレゼント中↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

川口由佳子 公式LINE@

登録は下記のAdd Friendsボタンをクリック!

または、@yukako で検索してくださいね。

お友達登録

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ランキングに参加しています!

クリックしていただけると嬉しいです♡

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の価値観を深く知りたい!そんなあなたへ

コミュニケーションスキルを学んで、日々の生活に活かしていきませんか?

ベーシック・アドバンス講座 開講しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっと知りたいという心を育てる ーTo Nurture Mind Which Makes You Wonderー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です