日本と海外女性(母親)の働き方の違い シンガポール編

 
「グローバルに生きる女性」というテーマでお届けしています。
 
こんな質問をいただきました!
 
『日本と海外の女性(母親)の働き方の違い』
日本は海外に比べて、女性が働きにくい環境なのか、、
それとも恵まれているのか。
保育園事情はどうなのか、、などを聞いてみたいです!
個人的な興味からですし、国によって違うと思うのですが、
ゆかこさんのご経験から日本はもっとこんな風になれば
女性が働きやすいのにな〜という視点を聞けたら嬉しいです❣️
 
娘が一才の時に、それ以上育休を伸ばすことができず、
かなり無理をしながら復帰しました。
さらに、娘に障害がある事で、療育に通うためと持病があったので
体調不良での休みで有給も使い果たし、
何のために働いているのかわからない時期がありました。
今は法人を運営しているので、働きやすさはありますが、
会社員は続けられない環境だなーと実感してます。
海外ではそのあたりどうなのでしょうか?
 
 
 
とても具体的な質問、ありがとうございます!
 
シンガポールの永住権保持者(就労ビザとはまた違う部分があります)として
 
働いた経験から、お伝えできること、比較できること
 
書いていこうと思います。
 
 
 

産休・育休の長さの違い

日本は産休・育休が長い期間取れるイメージがあります。

シンガポールでは、政府が定める有給の産休は16週間。

これは、出産前に1週間休みを取ったしても、その16週間に

カウントされます。

 

つまり、ほとんどの女性が、

出産4ヶ月後に復帰を考えている、ということ。

 

シンガポールでは住み込みヘルパーさんを雇っている人が多いですが

そうであっても、4ヶ月の赤子を置いて、仕事に戻る葛藤はかなりあります。

 

私自身、1人目は6ヶ月で復帰。

2人目は、4ヶ月での復帰は考えられず、良きタイミングで退職しました。

 

 

保育園事情

保育園も、保育料が高く、シンガポール人の子どもであれば

政府からの金銭的補助が出ますが、1ヶ月10万円以上の保育料が必要です。

共働きを推奨するシンガポールでは、働いている女性の方が

補助金が多い、という仕組みになっています。

もちろん、低所得家庭は、プラスの補助金が出たりしますが、

保育園料金の設定はとても高いなと感じます。

 

数ヶ月から預けられる、インファントケア、

18ヶ月から6歳までのチャイルドケア(保育園)

3−6歳までの幼稚園など、形態は様々です。

 

 

家事の手放し

住み込みのヘルパーさんが居ることで

普段の家事を手放すことが可能。

その点を見れば、子どもがある程度大きくなると

赤子を置いて仕事に行くという罪悪感も減り、

日本の女性よりも、かなり働きやすい環境にある気がします

家事全般、料理、子どものお世話など、

その家庭によってそれぞれですが、お任せすることができます。

日本も家事代行サービスなどが普及し始めているようなので、

もっと利用できる方は、どんどん活用するといいのでは?と思います。

 

 

有給の違い

日本で働く人の話を聞いて、一番びっくりしたのが

風邪をひいて休むときに、有給を消化して休むということ。

シンガポールではホリデーに行ったり、好きなことに使える有給の他に

風邪をひいたときに使える有給、

子どもの行事参加や、風邪の場合に使えるチャイルドケア有給など

有給の種類が色々あります。

病院に入院した場合の有給も別にあります。

使う、使わないは別として、このように有給の種類があることで

風邪をひいた時は思い切って休む。

子どもの行事に参加する日を確保する、ことが

しやすいのではないかなーと感じています。

 

 

女性のキャリアの悩みは誰にでもある

こんな違いがありつつも、

やはり、出産を経て、キャリアが中断されることへの

女性の悩みは、もちろん色んな人が感じていること。

本当は子どもと過ごしたいけど、働きに出るという選択肢以外、

今はない、と悩んでいる同僚やお友達もたくさんいます。

 

あなたは、どんな悩みがありますか?
 
自分と家族にとって、より良い選択ができるといいですね!
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です